保健師の仕事辛い

学校の保健師は辛いって本当?

自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓

学校の保健師の役割とは

学校の保健室などに勤務し、学校の職員や生徒の健康管理を行う保健師を学校保健師と言います。

大多数の方は保健室の先生をイメージされると思いますが、一般的な小・中・高等学校の保健室の先生になるためには保健師の資格に加えて養護教諭の資格が必要となります。

もし保健師の資格のみで学校保健師として勤務する場合、勤務先は私立学校や短大・大学等になるのです。

勤務している学校の職員や生徒の病気予防のアドバイスを行う以外にも怪我や応急処置なども行います。

そして身体的なケだけでなく、様々な年齢の子どもの悩みなどにも柔軟対応し精神面のフォローを行うことも求められています。

学校に所属している職員・生徒が心身ともに健康に過ごせるようにサポートする役割が学校保健師となります。

主な仕事内容

・健康診断の準備
・健診結果のまとめ
・健康教育
・感染症予防活動
・保健便りの作成
・怪我や病気の応急処置
・生徒の悩み相談、メンタルフォロー
・教職員のメンタルフォロー

実際に働いてみて感じたこと

・様々な年齢の子どもと接する機会が多いのでコミュニケーション能力が大事。特に思春期の生徒の悩み相談などは柔軟な対応が必要になる

・生徒の入学から卒業までの間、成長を見守りながら健康管理を行うことが出来る

・生徒だけでなく職員のメンタルフォローなども行うこともあるので幅広い知識が必要となる

・学校に保健師は1人勤務のことが多いので専門分野以外のことでもなんでも相談されることが多い

・学校の行事に合わせて出勤することが多いため休日出勤や、修学旅行の付きそいなどで宿泊を伴うこともある

・学校の長期休暇(夏休み・冬休み・春休み等)に長期休暇を取得しやすい

・事務仕事も多いが生徒の相談などを受けていると時間があっという間に過ぎることも多い

体験談

Aさん。看護師として病棟勤務4年経験後、私立大学の保健師へ転職。

私は現在大学の保健師として勤務しています。

いつか学生と関わる仕事がしたいと思い、大学の保健師への転職を決意しました。

仕事では私のほかに2名の保健師がいるので、何かと相談しやすく学校保健師として経験が浅い私にとっては安心して働ける環境と言えます。

日々の仕事は、大学で医務室があるのでそこで健診のデータをまとめたり保健便りを作成するなどデスクワークがメインです。

もちろん保健師として健康管理は大事な仕事の1つだとは思うのですがあまり生徒と関わることが少なく物足りなさを感じています。

なので次、もし転職するのであればもっと生徒と関われるような小・中学校の保健師を目指してみようかな‥と考えてみたり。

少し自分が思い描いていた保健師像と違っていたので、贅沢だとは思っていても悩んでしまいます。

解決方法はあるのか?

Aさんが悩んでいるように、学校保健師は所属する学校の生徒の年齢によって関わり方も異なってくるため保健師の役割が少し変わってくることもあります。

学校保健師として生徒に頼られることはとても嬉しくやりがいにも繋がると思います。

ですが今、Aさんが行っている仕事も生徒や職員の方が健康に過ごせるよう学校保健師としてとても大切な仕事です。

また最近では、教職員に対するケアも重要視されるようになってきました。

生徒が元気に楽しく学校生活を送るためには、先生方が心身ともに健康であることも大切な要素なので、生徒の健康な学校生活を維持できるよう努めることも学校保健師の役割といえます。

どうしても生徒のことをメインに見てしまいがちになりますが、生徒を取り巻く環境も視野に入れて働いてみることで、新たな発見ややりがいを見つけられるかもしれませんよ。

実は学校保健師の役割は多岐にわたるので、色々な視点から学校保健師の役割を見つけられると良いですね。

それでもダメな時は・・・・
実際に働いてみて初めてわかることはたくさんあると思います。
本来なら転職前に分かったら良いのですが転職活動で詳しい仕事内容まで把握することは極めて難しいでしょう。
そんな時は一人で悩まずに、転職のプロに相談してください。
自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓