保健師の仕事辛い

病院の保健師は辛いって本当?

自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓

病院の保健師の役割とは

病院やクリニックなどで働く保健師は、受診された方に対して病気の予防の健康指導や退院後の保健指導を行う他、小児科の場合、予防注射のサポート、精神科では患者の生活指導など所属する病院の診療科目によって様々な活動に従事します。

また近年では院内での感染症の発症を未然に防ぐための一次予防にも力を入れる病院も増えてきており、院内感染に対する危機管理も保健師の役割の1つになっています。

主な仕事内容

・退院に向けて在宅調整会議への参加
・入院患者、外来受診患者や家族への保健指導
・感染委員会などで感染症対策の指導
・予防接種のサポート
・精神疾患の患者への生活指導

実際に働いてみて感じたこと

・保健師として採用されていても、病院の状況によっては看護師業務が多いとことがある
・夜勤のある職場もある
・臨床保健師があまり浸透していない

体験談

Aさん。新卒で総合病院の保健師として就職。現在内科病棟勤務4年目。

私は将来は保健師豪なども行っていけるようになりたいと思い、病院でも保健師を採用している病院に卒業後、就職を決めました。

入社時に、初めの3年間は看護師としての臨床経験も必要と言われたので看護師業務をメインに仕事を行い夜勤も入っています。

今、4年目となったので面談では師長へ、保健師としての仕事も行っていけるようになりたいと話をしてみたのですが、病棟は万年看護師不足。

保健師だけの仕事を行うのは厳しい状況で、看護師として夜勤も行いながら徐々に保健師の仕事を指導していこうとは考えていると言われました。

確かに、今の職場はいつも人手不足で特に夜勤が出来る人数も限られています。

現に保健師の仕事も行っている先輩方も看護業務を行いながら保健指導も合間に行っている状況。

それにプラス人手が足りない時は夜勤も行います。

今の職場は、先輩方も優しく人間関係には恵まれているとは思いますが、4年間頑張ってきて今後もこの職場にいても、もしかしたらずっと保健師としての仕事は出来ないかもしれないという漠然な不安があり転職も考えている状況です。

せっかく人間関係が良いのでこのままもう少し様子を見るか、思い切って転職してみるか…

就職する際にもっと詳しく確認しておけばよかったと少し後悔しています。

解決方法はあるのか?

せっかく病院の保健師として就職出来てここまで頑張ってきたのに、希望の保健師業務が出来ないのは辛いですよね。

ですがこのAさんのようなパターンはよくある話なのです。

病院の看護師はどこも人手不足。

なので就職活動の際には入念なリサーチが必要です。

Aさんの場合はせっかく看護師としても4年間頑張ってきたと言うこともあるので、ここの部署で保健師業務が難しいのであれば、他の部署への移動も相談してみるといいかもしれません。

保健師として働きたい気持ちを伝えることで、上司ももう少し考えてくれると良いのですが…。

それでもダメな時は・・・・
実際に働いてみて初めてわかることはたくさんあると思います。
本来なら転職前に分かったら良いのですが転職活動で詳しい仕事内容まで把握することは極めて難しいでしょう。
そんな時は一人で悩まずに、転職のプロに相談してください。
自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓