保健師の悩み

保健師の悩み。特定保健指導が上手くいかない時。

保健師で働きたい方はこちら↓

保健師の仕事と言えば保健指導はメジャーな業務のひとつにあります。

ですがこの保健指導って実は奥が深いのです。

保健師を目指される方の中には、保健師になってバリバリ保健指導を行いたい!と思っている方もいると思います。

筆者もその中の一人でした。

ですが実際に保健指導を行っていくと上手くいかないことがいっぱい。

そしてイメージしていたものと違う現実。

筆者の失敗をもとに今回、特定保健指導で上手くいかなかった時のお話をしようと思います。

一生懸命指導をしたつもりだったが…

特定保健指導では、該当者に指導を行っていくのですが結構一筋縄ではいかないことが多いのが現状です。

まず、この特定保健指導と言うのが浸透しきっていないこともありいくら説明しても理解が得られないことが多い…。(これは私の説明が不十分ということもあります。)

そして健保によっては該当者は絶対に全員が受けなければならないなどの厳しいルールを定めているところも実はあります。(特定保健指導の実施は自分が入ってる健康保険組合が実施元となっているので、健康意識が高い健保では特保の指導は絶対に受けるなど、健保によってルールは様々となります。)

なので、該当した社員の方には初回面接のために30分~1時間程時間を作って貰っているのですが、「忙しい中、こんなこなことで呼び出して!」と怒る方もいます。

ですが私達の仕事は、健康診断の結果からご自身の今の健康状態を確認してもらい、重症化させないために自分の健康と向き合ってもらうお手伝いをすることが任務となります。

私は特定保健指導の時期になると1日10名程の社員の方と面談を行っていくのですが、毎回必死でした。