保健師の仕事辛い

地域包括支援センターの保健師は辛いって本当?

保健師の転職に強いのはこちら↓

地域包括支援センターの保健師の役割とは

地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で暮らせるように健康や生活をサポートする所となります。
自身の健康や生活について身近に相談できる場所として全国の市町村に設置されています。
その中で保健師は、介護が必要な高齢者や孤立している高齢者に、健康な生活を送れるようにサポートすることが主な仕事となります。

主な仕事内容

・介護予防マネジメント
地域包括支援センターでは、介護認定審査において「要支援1.2」の判定が出た高齢者を対象に「介護予防プラン」の作成支援を行う。
また、介護予防事業のひとつとして介護予防教室の実施も行う。

・ケアマネジャーへの支援
地域のケアマネジャーをサポートすることも、地域包括支援センターの大事な役割となっている。
なので、ケアマネジャーを対象とした研修会を実施しているほか、ケアマネジャーのネットワークづくりの支援なども行っている。

・権利擁護
高齢者に対する消費者被害への対応や、高齢者虐待の早期発見や予防に努める。

・総合的な相談窓口業務
保健師は、電話や窓口での相談を受けた時に、主に介護予防や医療面における相談の対応を行う。
特に役割として期待されているのが、病院や保健所との連携構築分野となる。

実際に働いてみて感じたこと

・予防プランの担当が多い
・行政関係の会議が多い
・介護予防教室の開催企画を考えることが苦痛
・ケアマネの後方支援が難しい
・成年後見や虐待ケースの対応が困難
・マンパワー不足
・休日出勤がある

体験談

看護師で3年病棟経験を終えたあと、現在、地域包括支援センターの保健師として勤務して2年目のAさんのお話です。

私の勤務している地域包括支援センターでは、高齢者から相談を受けた内容をスタッフで情報共有して仕事を進めていくこととなるのですが、主任ケアマネジャーは介護に関して、保健師は医療に関して、社会福祉士は権利擁護に関してなど、スタッフそれぞれが専門性を発揮し、相談内容の解決に向けてチームで動いていくスタイルとなっています。
一見、チームで動いていくのでチームで協力し合って解決していくイメージがあると思いますが、実際は全くの個人プレイとなるのでいつも不安でいっぱいです。
お互いが専門分野が違うのであまり相談も出来ず、先輩保健師の人数も少なく自分で抱え込んで仕事が進まないことが多々あります。
もちろん入社時には、事例検討のロールプレイも先輩保健師からレクチャーは受けるのですが、2~3事例程終えると後は実際にやってみるのみ!というような感じなので毎日分からないことを理解するので精一杯になっています。
もちろん社会人として、分からないことは自分で学ぶ姿勢も大事ということは理解しているつもりですが、今までの病棟での知識を生かしきれていない状況なうえに、毎日毎日新しい仕事が舞い込んでくるので仕事も時間内に終わらず残業も当たり前の日々です。
休みの日も、仕事で分からないことを調べることで必死でリフレッシュすることなくあっという間に1日が過ぎてしまい気が休まる時がありません。
せっかく憧れだった保健師の仕事になって、夜勤もない規則正しい生活も遅れると思ったのですが現実は厳しく毎日心が追い付いて行かない状況です。

解決方法はあるのか?

現在、地域包括支援センターで問題となっているのが業務過多・マンパワー不足です。
上記の感想は、この2点の問題が著明に表れている内容となっていますね。
ですが、この内容は人ごとではありません。
実際に、地域包括支援センターの運営には運営予算と言われるものが付きまといます。
この運営予算は、よほどのことがない限りその年は、与えられた予算で運営していかなければならないのです。
そのため簡単にはスタッフの増員は見込めません。
また近年では若いスタッフが多い傾向もみられているので、妊娠・出産の時期と重なると、募集をかけてもなかなか集まらないこともありマンパワー不足の改善は難しいことが考えられます。
それゆえにマンパワー不足が解決されないまま、仕事は次から次へと舞い込んでくるためキャパオーバーになるという負の連鎖を招く事態になることもあるのです。

色々と書いてきましたが、職場での悩みを何とか解決しようとここに来た方は多いと思います。
また、これから働くためのリサーチをしている方もいると思います。

ここに挙げた職場以外にも、もっと教育体制やフォロー体制が整っている職場は他にもあります。
ですが希望する職場が本当に自分に合っているのかをみきわめることは難しいですよね?
一緒に自分の希望の職場を見つけませんか。
保健師の転職に強いのはこちら↓