保健師の仕事は辛い?

企業の保健師は辛いって本当?

自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓

企業の保健師の役割とは

企業で働く保健師のことを産業保健師と呼びます。

この産業の場での保健師の活動は、産業医や衛生管理者等と協力し合いながら、企業で働く労働者や雇用者の健康管理に従事し、働く人々の健康管理や職場の環境管理、作業管理等の視点から様々な対策を専門職の視点からサポートしていきます。

簡単にまとめると、会社の従業員が心身ともに健康な状態で勤務できるようサポートすることが目的なのです。

主な仕事内容

・健康診断の準備
・健康診断結果のデータ処理及び管理
・保健指導、健康相談
・産業医の業務に関する調整、補助
・応急手当
・メンタルヘルス対応
・健康増進活動の立案、実施(健康教育など)
・安全衛生委員会への参加
・職場巡視
・事務処理作業

実際に働いてみて感じたこと

・企業の業績によって給料やボーナスが決まる
・企業によって健康管理室のレベルに差がある
・医療職が少なく一般職との関わりも多い
・事務仕事が多い
・企業によっては健康管理室が浸透していない

体験談

Aさん。病棟での看護師経験3年。
大手企業の健康管理室を3年経験後、結婚のため退職。
現在の企業の健康管理室へ入社して1年目。

また現在の健康管理室では看護師1名、保健師1名体制。

保健師は自分1人しかいません。

看護師の先輩はとてもやさしい方です。

ここでの職歴も長く、色々と教えてくれます。

ですが、看護師なので保健指導関係の仕事は全て保健師の私が行うという体制になっていいます。

前任者からの引継ぎで分かってはいたのですが、実際勤務してみて保健師が1人であることにとても不安が募ってきました。

また、現在勤務している健康管理室は知名度も低く影の薄い部署です。
あまり周りからは認知されていませんが業務量は多く、専門職も自分を含め2名体制なので、健診の準備から健康教育の立案、安全衛生委員会への参加、職場巡視、事後指導、産業医との連携、メンタル面談などなど業務が毎日山のようにあります。

このような状況の中、保健師の自分しか出来ない保健指導の時間も確保し面談の調整を行っているところです。

今の職場に転職する前は、大手の健康管理室での勤務をしていたため自分のキャリアも生かせると思っていました。

ですが、保健師が自分しかいないというプレッシャーがここまであるとは思っていなかったです。

また、前の職場は保健師も複数体制だったので内部で研修会も開催していたのですが、今の職場ではもちろん研修会を開催する余裕もなくこのままではキャリアアップも難しそう・・・。

それに今までは専門職であり給料のことはあまり考えていなったのですが、企業の業績によって給料やボーナスも決まってくるため意外と健康管理室の保健師は安定していないことも分かりました。

現に今の会社は業績が落ちてきているので次のボーナスの話を聞いているとヒヤヒヤします。

一言で企業の保健師とは言っても、企業によって色々と違うんだなぁと思いました。

解決方法はあるのか?

企業の健康管理室では実際1名体制での勤務も多く、総務と連携して業務を進めていくことも多いです。

大企業などは保健師複数体制のところもあるので、フォロー体制が整っていることろへの転職も視野に入れると良いと思います。

ですが転職には勇気もいりますよね。

そこで今、出来る改善策を考えてみましょう。

産業保健分野は有料である場合が多いですが研修も探すと様々な種類の研修が開催されています。

そのため研修に参加することも刺激になってよいのではないでしょうか。

また、なかには研修会の後に交流会を設けていることもあるため、参加すると同じような立場の保健師がたくさんいます。

もしかしたら解決の糸口も見つかりやすいのかもしれませんね。

そして大事なことは、企業の一員として一般職に専門職が混ざって仕事をすることは、医療職だけで仕事をする時とはまた違った悩みが出てくることは当然のことです。

こちらの伝えたいことが上手く伝わらなかったとしても必要以上に自分を責める必要もありません。

そこはゆっくりと気長な気持ちでコミュニケーションを取っていけば良いのです。

また、特に健康管理室があまり認知されていない職場となると、他部署との交流も少なくなると思うので安全衛生委員会など、他部署と顔を合わせる機会がある時は積極的に参加する方が後々得策になることもあります。

企業での健康管理室はどうしても孤立しがちの部署になりがちですが、少しずつアピールしていけると良いですね。

それでもダメな時は・・・・
実際に企業で働いてみて初めてわかる内部事情はたくさんあると思います。
本来なら転職前に、内部事情も知れたら良いのですがプライバシーの管理が厳しいこともあり転職活動で詳しい内情まで把握することは極めて難しいでしょう。
そんな時は一人で悩まずに、転職のプロに相談してください。
自分の希望の職場を見つける近道はこちらです。↓